ネット時代のクレジットカード情報管理方法

近年、インターネットにおけるフィッシング詐欺が問題となっています。

クレジットカード番号や有効期限、暗証番号やセキュリティーコードなどが搾取される事件が相次いでいるためです。



最も一般的な手口は、無作為にクレジットカード会社を装った電子メールを送りつけて、公式ホームページによく似た偽のサイトにユーザーを誘い込み、カード番号やパスポートを盗み取ろうという手法です。このタイプの被害から身を守るには、クレジットカード会社の公式ホームページをブラウザのお気に入りに登録しておくことが有効です。偽の電子メールに貼ってあるリンクは信用せずに、必ずブックマークしてある公式ホームページにアクセスする習慣を付けることで、騙される可能性を低減できます。

また、クレジットカードの中には、フィッシングを防止するためのアプリやセキュリティープログラムを無償で配布しているところもあります。

公式ホームページにアクセスすると、アプリが公式ホームページであることを教えてくれます。

利用できる環境にあるならば、ぜひともインストールしておきたいところです。


ユーザーのパソコンをウイルスに感染させて、クレジットカードの情報を盗む手法もたいへん危険です。



特定のアプリをインストールしたり、SNSにコメントしただけでウイルスに感染してしまうこともあります。パソコンのセキュリティーソフトは常に最新の状態にしておくこと、信用できるアプリしかダウンロードしないなどの対策が有効です。