クレジットカードの利用額を記帳するようにしよう

クレジットカードはいつでもとこでも利用することが出来て便利な事この上ありません。

ですが、便利なものは自己管理をしっかりとして使わないといけないということがあります。



ですから、クレジットカードを使用する時にはしっかりと記帳をするなどして、自分がどれだけ使っているのかを把握することが大切です。



今は、そのためのアプリなども開発されています。
家計簿アプリなどもありますし、そうしたアプリではレシートをカメラで撮影するだけで記帳が出来てしまうものが登場しています。

バーコードを読めば自動的に何をいくら買ったのかが記帳されますから、自分でいちいち記帳する手間が省けます。やってみると結構面白いものですから、楽しんで記帳をすることが出来るのも魅力です。
また、数字を読めばその数字を自動で記帳してくれる機能があるものもあります。

今は、こうしたソフトで簡単に記帳が出来るので、クレジットカードを利用した時には、その直後にしっかりと記帳するようにするといいでしょう。



そうすれば、自分がどれだけクレジットカードを利用しているのかが目で見てわかることになります。
クレジットカードの弱点ともいえるものが、自分の利用金額がトータルでわからないようになっていることです。

分かりたくない人もいるかもしれませんが、最終的にはそれは全て自分が支払うことになるものですから、しっかりと自分の利用金額はトータルで把握することが大切です。
それが出来るアプリも出ているので、そうしたものを利用するなどして目で確認するようにしましょう。