クレジットカードは絶対に事故カードにはしないこと

買い物の支払いなどに便利で重宝するクレジットカードですが、一度使い始めると、利用者にとってはなくてはならない必需品になることも多いものです。

そんな大切なカードだからこそ、絶対に事故カードにだけはしてはいけません。


事故カードとは、何らかの原因によって使えなくなってしまったカードのことです。

それには幾つかの原因がありますが、どれも皆、基本的には利用者が普段から気を付けていれば予防できることと言えます。

ゆえに事故カードとは、逆に言うと利用者の不注意によって出て来てしまうものなのです。

まずは利用中のクレジットカードを紛失してしまったり誤って破損してしまうと、それは事故カードとなります。

もう二度と使えません。

しかしカード会社に所定の手続きを行うことで再発行してもらえますので、カード・ライフはすぐに再開できます。



次に限度額いっぱいまで使い切ったクレジットカードも、限度額オーバーの事故カードとなってしまいますので使えません。
ただし順調に返済を行って限度額に余裕が出て来れば、また再び使えるようになります。

ですからこのケースもまた、大事には至らないことでしょう。



しかし事故カードで本当に問題なのは、延滞などによってカード会社から利用停止されてしまう場合や、借金問題で首が回らなくなって債務整理を行った場合です。
それはクレジット・ヒストリーにも極めて悪影響が及びますので、とにかく返済トラブルや金融事故など起こさないように、安全に利用し続けることを心掛けましょう。