日本はクレジットカード社会

クレジットカードが日本で普及してきたのは、ここ十数年のことです。

その前にも合ったことは確かでしたが、やはり使いすぎてしまったりするという心配もあって、それほど普及していなかったのです。

多くは現金払いが安心だという感覚があって、カードを使うというのが特別な場面に限るといったイメージがあったのです。

しかしながら、最近はこの感覚が薄れてクレジットカードを使うことで便利な生活を送ることができるというイメージに変わっているのです。



どんなに小さな買い物であってもカードを使ってみたりする人が増えていて、より身近な存在になっているのです。

もはや一人一枚という感じでもなくて、一人数枚、10枚以上も持っているという人もいるくらいなのです。



このように、今の日本では外国並みにクレジットカードが普及しているような状態なのです。カードのメリットを考えてみても、本当に便利でもあるのです。

特にポイントが付くことでお得生活にもつながることもあります。

還元率もカードによって違うのですが、ポイント数によってももらえる商品や受けられるサービスが違います。



また、有効期限がなかったりすると、ずっと貯め続けることができたりします。

それがいずれ自分たちの生活に活かすことができるようになると考えたときには、本当に助かることもあるのです。

ですから、カードを作る際にはポイントなどの特典も加味して、検討していき、使い分けをしていくようにするといいでしょう。